卡提諾論壇»首頁 宅宅 動漫討論 [火影忍者NARUTO]-第632話 打印 [ 查看:1632 | 回覆:33 | 感謝:68 ]
返回列表
»
感謝作者

[漫畫分享]

[火影忍者NARUTO]-第632話

  [複製鏈接]
avatar
なんやかんや言いながらもサスケを受け入れ十尾へと立ち向かう同期メンバー


十尾は结界の中で尾獣玉を発动するも结界内で自分にダメージをうける
柱间が木遁分身で4方向から结界を开きみんなが突撃する穴をつくると言う 

准备が出来たので分身でマダラの前に到着 よしやるぞと言うも本体が来るまで待つというマダラ
尾獣は人型の分身を一杯つくり忍び连合を迎え撃つ 
サクラは白豪の术を使い 十尾分身をせん灭 あまりの力にビビルナルト キザに笑うサスケ 
白豪の术は3年间一定のチャクラを贮め続けることで出来る术 シズネにも出来なかったらしい
サクラはやっと追いつけたと物思いにふける サクラが油断した隙をつき尾獣が攻撃しようとするもサスケナルトが同时に阻止 
三人背中合わせで闘う事に  

端折りまくってますがこんな感じです
互相说了一些话后,接受了佐助一起对抗10尾的同期忍者们。
10尾在结界中放尾兽炮,因为在结界内自己也受到了损伤。
柱间使用木遁分身,从4个方向想要打开结界,并让其他人攻击争取制造出漏洞来。
准备完毕,分身到了斑的面前。想跟斑开打,斑却说我要等你的本体。
尾兽制造了许多人形分身迎击联合忍军。
小樱使用白豪之术,消灭九尾分身,由于威力太大,鸣人吓尿了。佐助在一旁笑了。
白豪之术是3年间一直储备查克拉才能施展的术,シズネ也没有办到过。
小樱想着终于追回佐助了,想得出了神,大意之际,尾兽准备攻击她,却被鸣人佐助一同阻止了。
三人背靠背进入战斗。
快速回覆 返回頂部 返回列表