註冊會員 登入
卡提諾論壇 返回首頁

tntclub的個人空間 https://ck101.com/?3142155 [收藏] [複製] [分享] [RSS]

日誌

VITALUX專業水族燈教學: 什麼是PAR (PPFD)?

已有 226 次閱讀2013-8-7 10:36 | PPFD, led植物燈, 植物LED燈, VITALUX

生物的生長速率直接受光照射的影響,波長在 300~400nm的紫外光與700~800nm的近紅外線(遠紅光)會影響生物的生化反應及其外觀。特別在400~700nm的光線與植物與藻類的光合作用有密切的關係,此頻譜的光稱為光合作用有效光(Photosynthetically Active Radiation,簡稱PAR)。直接光照射の生物学的な成長率の影響を受け、300の波長〜400nmのと700〜800nmの紫外線近赤外線(遠赤)生物学的および生化学的反応の外観に影響を与えます。 400〜700nmのは、具体的には、植物や藻類の光と光合成が密接に関連して、光のスペクトルは光合成有効光(光合成有効放射、PARと呼ばれる)と呼ばれる。

而光合作用有效光(PAR)範圍內光子的數量較佳的測量基準是量測其光合作用光子通量密度(Photosynthetic Photon Flux Density,簡稱PPFD),此為『於波長400-700nm區間,單位時間內落到單位面積上光子的數量』,其常用單位為μmol/(sec㎡)或μE/(sec ㎡);使用的感測器為Quantum Sensor。(PS. 一般市售之照度計使用Photometric Sensor,則是用來量可見光(380-780nm)單位面積上的亮度,使用單位為Lux(=lumen/㎡)。光子好ましい測定基準の数の範囲内で光合成有効光(PAR)がその光合成光子束密度(光合成光子束密度、PPFD称する)を測定することであり、これは、400〜700nmの範囲の波長で"時間の単位である単位面積が単位モル/(秒M)またはμE/(秒m)を使用された光子の数"、内に入る、量子センサーにセンサーを使用しています。 (測光センサを用いPS.市販の照度は、可視光の量(380-780nmの)単位面積当たりの輝度、ルクス(=ルーメン/ mでユニットの使用)するために使用される。

下圖為光量子計(Pyranometer),可用以量測來自太陽與其它所有來自天空之輻射,量測320~1100nm此波長範圍內的能量,量測數值單位為 W/㎡。其Sensor更應模擬光合有效函數,以確實符合使用上的需求。目前多數國外產品也以此為產品設計方向,以符合專業使用者的需求。光量子計の下方(日射)、空から太陽および他のすべての放射から測定することができ、このエネルギーの320〜1100nmの波長範囲、W / mの単位で測定された値を測定する。そのセンサ光合成有効関数は、実際に利用者のニーズを満たすためにシミュレートされるべきである。現在、ほとんどの外国製品ではなく、製品のデザインの方向性として、プロユーザーのニーズを満たすために。




Why 380~700nm ?

自然光的波長是380~700nm,這也是最適合水草生長的波長範圍。而波長小於400nm的有一段叫做紫外線的光線,對水草也有一定的影響,而且是負面影響。7%的紫外線中又可分為三級不同之波長(均對水草有不同之作用):C 級紫外線(200-280)占3% — 對大多數水草都有害;B 級紫外線(280-320)占 9% — 對大多數水草都有害;A 級紫外線(320-380)占 88% — 對水草有益,使葉片加厚具有殺菌作用。推薦使用儀器:人工氣候箱,人工氣候培養箱。人工氣候培養箱是一種能夠自行設定溫度、濕度和光照度的儀器,也就是能夠控制水草所受到的環境因素—光線這一參數,這對於研究植物與光線之間的關係帶來了很大的方便。380nmの自然光波長〜700nmの、水生植物の最も適した波長域の伸びである。と400nmの未満の波長は植物のための紫外線と呼ばれる存在であるにも何らかの影響を持っていますが、マイナスの影響を受けています。 - ; B級UV(280〜320nm植物の大部分は有害であるCレベルの紫外線(200〜280nm)3%:紫外線の7%は、3つの異なる波長(両工場に異なる影響を有する)に分けることができる)9% - 植物の大半は有害である;グレード紫外線(320nmから380nm)88% - 厚い葉ので植物に良いが、殺菌効果を持っています。推奨機器:人工気象室、人工気候インキュベーター。人工気候インキュベーターが自分の温度、湿度、環境要因が被った雑草を制御することができる機器の光強度、設定するための方法です - 植物と光の関係を研究し、この引数の光と、大きな利便性をもたらしている。

對水草影響較甚的光線,主要是三大類。紫外線可見光紅外線。下面我們就來具體分析下這三大類光線。
非常に軽い、主に3つのカテゴリーよりも、植物への影響。 、紫外、可視、赤外。ここでは、これらの3つのカテゴリの下に光の具体的な分析に来る。

第1波段的輻射光: 是含有大量能量的紫外線,但部份的紫外線都被臭氧層所吸收。所以我們較關心的是與農膜有密切相關的部份:紫外線-b(波長280—320nm)及紫外線-a(波長320—380nm),這二種波段的紫外線有其不同的作用如:對植物的花產生著色的作用。
放射線の最初のバンド:UVは、多くのエネルギーを含むが、紫外線のほとんどはオゾン層によって吸収される。したがって、我々は密接に関連しているビニールシートの一部をより懸念している:紫外線-B(波長280-320nmの)とUV-(波長320-380nmの)は、紫外線、これらの2つのバンドは、次のようなさまざまな効果を持っている:植物は花の色の効果を生み出した。


第2波段的輻射光: 是可見光(波長400—700nm),相當於藍光、綠光、黃光及紅光,又稱為PAR,即光合作用活躍區。是植物用來進行光合作用的最重要可見光部份。藍光與紅光是在PAR光譜帶中最重要的部份,因為植物中的核黃素能有效的吸收此一部份的光線,而 綠光則不容易被吸收。放射線の2バンド:青、緑、黄色と赤、またPARとして知られ、光合成活性領域を表す可視光(波長400-700nmの)、。可視光の最も重要な部分に使用される植物の光合成。最も重要な部分のPARで青と赤のスペクトルバンド、リボフラビンの植物が効果的にこの光の一部を吸収し、緑色のことができるので、容易に吸収されない

第3波段的輻射光: 是紅外線,又可分為近紅外線和遠紅外線。 
近紅外線(波長780—3,000nm)的光基本上對植物是沒有用的,它只會產生熱能。 
遠紅外線(波長3000—50,000nm),這一部份的輻射線並不是直接從太陽光而來的。它是一種帶有熱能分子所產生的輻射線,一到晚上就很容易散失掉。

3バンド放射線:赤外線は、近赤外および遠赤外に分けることができる。 
基本的には、近赤外(波長780-3,000 nm)の光工場では役に立たない、それだけの熱を生成します。 
遠赤外線(波長3000-50,000 nm)は、放射線のこの部分は、太陽光から直接来ることはありません。それは容易に放散夕方に、放射線により発生する熱を有する分子である。

水草對光譜的敏感性與人眼不同。人眼最敏感的光譜為555nm,介於黃-綠光。對藍光區與紅光區敏感性較差。水草則不然,對於紅光光譜最為敏感,對綠光較不敏感,但是敏感性的差異不似人眼如此懸殊。水草對光譜最大的敏感地區為400~700nm。此區段光譜通常稱為光合作用有效能量區域。陽光的能量約有45%位於此段光譜。因此如果以人工光源以補充光量,光源的光譜分佈也應該接近於此範圍。人間の目の分光感度に植物は異なっています。緑 - 人間の目のスペクトルは黄色の間で、555nmのに最も敏感である。ブルーレイリージョンと歓楽街に敏感です。植物は、赤色光スペクトルに最も敏感なため、緑色の光に敏感ではありませんが、人間の目の感度の違いがとても巨大に見えることはありません。植物400のスペクトル最大〜700nmのの敏感な部分を。このセクションでは、一般的に光合成として知られて有効エネルギースペクトル領域である。この段落では、太陽のエネルギースペクトルの約45%。したがって、光源の分光分布の量を補うために人工光源に近いこの範囲にする必要があるかどうか。

光源射出的光子能量因波長而不同。例如波長400nm(藍光)的能量為700nm(紅光)能量的1.75倍。但是對於光合作用而言,兩者波長的作用結果則是相同。藍色光譜中多餘不能作為光合作用的能量則轉變為熱量。換言之,水草光合作用速率是由400~700nm中植物所能吸收的光子數目決定,而與各光譜所送出的光子數目並不相關。但是一般人的通識都認為光顏色影響了光合作用速率。水草對所有光譜而言,其敏感性有所不同。此原因來自葉片內色素(pigments)的特殊吸收性。其中以葉綠素最為人所知曉。但是葉綠素並非對光合作用唯一有用的色素。其它色素也參與光合作用,因此光合作用效率無法僅有考慮葉綠素的吸收光譜。光は、異なるによる光子エネルギーの波長から出射。例えば、700nmの(赤)1.75倍のエネルギーの波長400nmの(青色光)のエネルギー。しかし、光合成に、二つの波長結果の役割は同一である。余剰エネルギーの青色スペクトルは熱に光合成としてではありません。換言すれば、光合成植物の割合が光子数によって決定される400〜700nmの内植物であるが吸収され、光子の数のスペクトラムを送信することができることは関連しない。しかし、ほとんどの人は、光の色はリベラル光合成速度に影響を与えると信じています。すべてのスペクトルのための植物は、その感度は異なります。この理由は、葉の中の顔料(顔料)特殊吸収性から来ている。最もよく知られているクロロフィル夜明けの間で。しかし、クロロフィルは、光合成色素のために役立つだけではありません。他の顔料ものみクロロフィルの吸収スペクトルの光合成の効率性を考慮していないので、光合成に関与している。


未完待續  継続するに       



握手

鮮花

雞蛋

評論 (0 個評論)

facelist

您需要登入後才可以評論 登入 | 註冊會員

TOP